ビール系飲料の新ジャンル「THE BREW ノドごしスッキリ」
<<   >>

トイレが近くなる日

お酒を飲んでトイレが近くなる

お酒を飲んでいる時に、トイレに行きたくなることないですか?
飲んでいる時って、何度も隣の席の人に、どいてもらうのが申し訳ないし、盛り上がってた会話を途切れさせたくないし、トイレから戻ってきたとき、さっきまで座っていた席に、他の人が座っていたり…。
だから、なるべくならトイレに行きたくないですよね。
でも、意志とは反して、トイレ行き出すと、何度も何度も尿意を催すんですよね。
でも、いつもと同じものを飲んでるのに、トイレへ行かずに済むことがありますよね。
何故なのでしょうか?

泌尿器科のお医者さんのコメント見つけました。
「大きな要因として考えられるのは、飲む直前の体の水分量です。
お酒の利尿作用といわれるものでは、主な要因に、アルコールが体の細胞内の水分を奪い、体の外に出すことが挙げられます。
そのため細胞の水分(体の水分)が多い状態でお酒を飲めば、それだけ多くの水分を外に出すことになり、トイレへ行く回数が多くなるというわけです。
逆に細胞内の水分量が少ないときは、アルコールに奪われる水分が少ないため、トイレへ行く回数は減ります。
アルコールに水分を奪われるため、うまく水分をとりながら飲まないと、脱水症状になる危険があります。
また脳や血液の水分も減るため、脱水症状以外にもさまざまな危険が考えられます。
うまく水分をとりながらお酒を飲んでください。」
と、いう事らしいです。

だから、水分の多いお酒を飲めば、トイレは近くなるの当然の事。
お酒も、体に多くの水分が入るために、細胞の水分量が増えるっていうことになり、メカニズムとしては同じ事ですよね。

飲み会のトイレは、飲む前から近いか、近くないか決まってるって事ですよね。
飲み会で我慢しすぎて、膀胱炎にならないようにだけは、気をつけましょうね。


ノドごしスッキリ
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://news.realone.biz/beer/tb.cgi/10


C O M M E N T


Name :
E-mail :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview

<< >>







RSS