開運フード

最近ツイてないなぁ。。。と感じた時には身近なもので運気をアップ!

それは開運フードと呼ばれる食べ物達。

健康運なら「牛乳、魚」、職業運には「玄米、白米、豚肉」、結婚運は「麺類」などなど。まぁ、好き嫌いなくなんでも食べるといいってことなんでしょうか。

日本で昔から食べられている、おせち料理もその一つ。

おせち料理にはその1年が良い年でありますようにという思いが込められた食材がたくさん入っていますよね。


おせち料理の意味

  • えび…腰の曲がった姿を老人に例え、長寿の願いがこめられています。
  • 数の子…たくさんの卵があることから、子孫繁栄を願います。
  • かまぼこ…赤は魔よけ、白は清浄。
  • 黒豆…まめに暮らせるように。
  • くるみ…「実り」とくるみの硬い殻が家庭を守ることから「家庭円満」の意味。
  • くわい…芽が出ること、また子球がたくさんとれることから子孫繁栄。
  • 紅白なます…人参と大根で紅白のおめでたさと、平和の願い。
  • 昆布巻…「喜ぶ」、巻は「結び」の意味。
  • 里芋…子芋がいっぱい付くことから、子宝にめぐまれるように。
  • たたきごぼう…豊年と1年の息災。
  • だて巻き…巻き込んだ形が、進化、教養、文化。

「来年のおせちはどんなのにするか。」を議題にした家族会議では、「金運アップの食材がたっぷり入ったもの。」に決定しました。
金運を上げる食材には「栗きんとん」「卵」「鶏肉」「コーヒー」「紅茶」「炭酸飲料」「あんこ」など沢山あります。
この中からおせち料理に使えそうなものを選んで、オリジナルなおせちに挑戦してみようかな。




T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
https://news.realone.biz/tb.cgi/512

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー