サンマがガンを抑制

この程、サンマを毎日食べている人は、食べない人の肝臓がんのリスクが3分の1低く、さんま等の魚が肝臓癌を抑えるという研究発表がありました。

ブラジル産自然路地栽培アガリクスは、キングアガリクス100です。


ガンの抑制作用があると言われるサンマ

NHKのニュースによると、肝臓癌の発症率は、サンマの摂取量が最も多いグループは、最も少ないグループの0.64倍だったそうです。

不飽和脂肪酸はアジやサケなどの脂肪に含まれ、最も多いグループはサンマなど中型の魚を毎日1匹、最も少ないグループは1週間に1匹に相当する摂取量のようです。

国立がん研究センターによると、「魚の不飽和脂肪酸には炎症を抑える作用などがあり、慢性肝炎を経て発症する肝臓癌のリスクを下げたのではないか?」又、サプリメント等で摂取しても同じ事が言えるか分らないと論評されています。

以前からサンマ等の魚はガンを抑えると言われていたのですが、統計的に確認されたのは初めてのようです。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://news.realone.biz/tb.cgi/526

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー