砂漠のミイラ文化、チンチョーロ

チリ北部のアタカマ砂漠から、古代のミイラが多数出土しているという。

かつて栄えたチンチョーロ人のミイラは、今も皮膚や頭髪、衣服が保存されている。

チリ北部からペルー南部の沿岸部で狩猟採集生活を送っていたチンチョーロ人は、古代エジプトより数千年早く、紀元前5050年頃にはミイラを製作していた。

ミイラ作りと死者崇拝が興った経緯は長く不明で、湿潤なアマゾン盆地から伝わったという説もある。

今は砂漠となっているが、約7000年前は、降水量が多く人口が急増し、さまざまな技術革新が生まれ、死者を崇拝するミイラ文化も発展し、王族や貴族だけと考えた古代エジプト人と違い、チンチョーロ人は年齢や地位に関係なく、ほぼすべての人に対して神聖な儀式を執り行った。

乳幼児や、時には胎児でさえも、成人と同様な手厚い方法でミイラとなって、多くのミイラは頑丈に作られていた。

そして約4000年前、「エルニーニョによる気候変動で環境が不安定になり、乾燥化がさらに進んだ頃に、ミイラ製作の習慣が途絶え、世界で最も乾燥した砂漠の気候となり、アタカマ砂漠から、古代のミイラが多数出土しているという、チリ・カトリック大学の考古学者が研究結果をまとめました。

かつて同地に栄えたチンチョーロ文化のミイラは、脱水作用がもたらした偶然の産物だった。
砂漠のミイラ文化、チンチョーロより引用しました。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
https://news.realone.biz/tb.cgi/536

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー