ハリポタの著者の別名で書いた「The Cuckoo’s Calling」が大ヒット

小説「ハリー・ポッター」シリーズの英作家、J・K・ローリングさん(47)が男性名で書いた、犯罪小説「The Cuckoo’s Calling」が、英国や米国などのアマゾンで「ベストセラー」の1位となった。

「ハリー・ポッター」の著者が、新人作家とし書いたもので、ハリ・ポタの作者と判明するまでは、たった500冊しか売れていなかったという。

ハリー・ポッターの著者が偽名で出版していたミステリ小説

有名なロックスターの非嫡子Cormoran Strikeは、オックスフォード大学を中退して従軍し、アフガニスタンで片足を失って私立探偵になる。だが、クライアントに恵まれず、借金で首が回らない状況になっていた。そのうえ、15年もの間運命を狂わせてきた美貌の女性Charotteとついに別れ、住処も失う。

そんな絶望的な日に、Strikeのもとに派遣会社から新しい秘書Robinがやってくる。秘書などを雇う余裕がない彼が戸惑っているときに、新しいクライアントが訪れる。それは、少年時代に亡くなった親友の兄John Bristowで、妹の死の真相を突き止めて欲しいというのだ。Strikeの親友が亡くなった後に養子になった少女Lulaは黒人と白人のハーフで、スーパーモデルとして活躍していたのだが、ある日自宅のバルコニーから飛び降りて亡くなった。いっときは新聞をにぎわせた事件だったが、すでに自殺として落ち着いていた。だが、Johnは他殺だと強く信じていた。英国の華やかなセレブの世界を舞台にした、伝統的なミステリ。

米アマゾンでの売り上げは、ローリング氏が著者であることを認めてから約5000倍に急増しているようです。


ゴルフ7日間シングル,アプローチの真髄

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
https://news.realone.biz/tb.cgi/559

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー