トラと散歩

ブラジルで、体重700ポンド(約320Kg)の虎が、散歩したり家庭訪問して癒しているという。

赤ちゃんのトラなら良く見かける風景ですが、9歳という大人のトラがこの様に飼育されているのは珍しいというか、専門家が言うには、トラは大人になると狩猟本能が生まれ共存出来ない非常に危険な行為らしいです。

家庭訪問するトラ飼い主のボルヘスさんは、2005年にサーカスで虐待されていたトラを救出して以来、家族のように添い寝したりして育ててきたたそうです。

ブラジルの野生動物を監督する環境保護庁の再三の保護要請を断っているらしいです。
彼には獣医などの専門チームを持ち、種温存に努めているといいます。
散歩するトラ環境保護庁は、保護するため裁判を起こしていますが、今の処、事故がないので、強制捕獲は難しいらしいけれど、遅かれ早かれ、いずれ事故を起こすと非難しています。

飼い主のボルヘスさんは、強制保護されると飼育される事なく監禁され自由が奪われ、長く生きられないから断っているようです。

それも、飼育にはエサ代等の費用が9000ドル(約90万円)かかるので、他では飼育できず、殺されてしまうらしいです。

そのエサ代を捻出するため、映画やコマーシャルなどに出演しているそうです。

でも、やはり飼っているところは、高い頑丈なフェンスに囲まれているそうです。

口を開けると人の頭も口の中にスッポリと入ってしまいそうで、やはり怖いです。


T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://news.realone.biz/tb.cgi/562

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー