冷てェ〜、寒中みそぎ

東京都千代田区の神田明神で11日「寒中禊」が行われ、参加した若者たちは、極寒の空の下で冷水を浴び、キャ〜冷てェ〜等と騒ぎながら1年を清める「寒中みそぎ」の行が行われました。

「寒中禊」の水行冬型の気圧配置の日本列島、11日は関東や東日本の太平洋側を中心に厳しく冷え込み、東京都心で最低気温0.7度と年明け一番の冷え込みをした。

そんな極寒の下、千代田区の神田明神では氷水で体を清める「寒中禊がまん会」が行われ、新成人12人を含む19〜54歳までの男女48人が荒行に挑んだ。

男性は半股引(はんだこ)一つ、女性は白装束で参加。

仮設の禊場には氷柱が浮かべられ、参加者はおけを手に「エイ、エイ」の掛け声と共に、勢いよく頭から冷水を浴びた。

荒行の後、参加者は境内を走って体を温めていた。

丁度この季節、アメリカでは記録的な大寒波が到来し、氷点下20度の「ナイアガラの滝」の一部が凍りつく珍しい現象が起きています。



半股引(はんだこ)・・男性が祭の時に履く「ももひき」で、腰から踝まで、やや密着して覆う形のズボン。腰の部分は紐で締めるようになっている。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
https://news.realone.biz/tb.cgi/566

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー