デスクワーカーの腰痛対策

仕事が事務職で、1日中座りっぱなしなので、最近どうも腰痛になり悩んでます。

軽い運動を小まめにすればいいんだろうけど、なかなかできないのが現状!。

どうも、この状態が続くと腰椎の椎間板の内圧を高くするため、腰の生理的彎曲(せいりてきわんきょく)が失われ、椎間板にアンバランスな力が加わり、腰痛を引き起こしやすくなるそうです。

そこで、腰痛克服改善策…。

まず腰に負担がかからないように、正しい姿勢をとります。

イスに座るときは、お尻が背もたれに密着するように深く腰掛け、軽くアゴを引き、背筋をのばしてお腹をひっこめます。

ひざがお尻より、ほんのわずかに高く、足の裏がぴたっりつくのがベストだそうです。

机がある場合は、前かがみになるのを防ぎ、ある程度身動きがとれる程度の位置で、身体と机の間隔を、握りこぶしひとつ入る程度になるように、イスを引いて座ります。

次に、イスの高さを調整して、おへそと天板が同じ高さになるようにします。

天板に腕をおろして、肘が約90度になるのがベストです。

背もたれには寄りかかるというのではなく、背中に当たっている状態にすることにより、猫背が防げます。

背もたれのあるイスであれば、クッションやウエストポーチなどを使用して、腰椎の椎間板の内圧を低くし、腰の生理的彎曲維持します。

当てる位置は、背中のへその位置より少し低いところに当て、お尻が背もたれに当たるように腰を後ろに引いて座ります。

座版を使用して少し前に傾斜をつけ、生理的彎曲が正しく得られるようにしても腰への負担が減ります。

また意識して背中とおなかを緊張させ、背筋と腹筋を働かせて腰の彎曲を維持するようにすると良いらしいです。

生理的彎曲(せいりてきわんきょく)

脊椎は首・胸・腰の部分で前や後ろに、S字形に彎曲しています。

この自然なカーブを生理的彎曲(せいりてきわんきょく)と呼びます。



にほんブログ村 OL日記ブログへ

にほんブログ村
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://news.realone.biz/haripota/tb.cgi/45

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー