口蹄疫 宮崎県内に非常事態宣言

家畜伝染病の口蹄疫問題で非常事態宣言が、宮崎県内に発令された。

知事は会見し「このままでは本県畜産の壊滅はもちろん、隣県や九州、さらには全国にも感染が拡大する可能性を否定できない」と理解を求めた。

朝から知事の、凄い形相のニュース。

10万頭以上の牛や豚が処分され、かなり大変な事になっていますよね。

できれば、牛や豚を処分しない方法は、ないのでしょうか?

このまま、伝染病が広がり、日本に牛や豚などが居なくなってしまったらどうなるの??…。  

色々な事で、心配ですよね。


口蹄疫とは
牛、豚などに伝染する家畜の病気。

口蹄疫ウイルスが引き起こします。

多量のよだれが出て、口や蹄に水疱ができて、餌が食べられなくなり、急激にやせおとろえます。

人には感染せず、感染した肉を食べても影響はありません。

2009年から今年にかけ、中国や台湾、韓国でも発生しており、国内での発生は、2000年に宮崎県と北海道で発生して以来10年ぶり。

家畜の間で感染力が強いため、国内の牛や豚などは3か月間は輸出停止となります。



にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://news.realone.biz/haripota/tb.cgi/92

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー