体に有害なミネラル

ミネラルは人間の体の成長、健康維持に非常に大切なものですが、ミネラルの全てが体内に必要かというと、必ずしもそうではなく、逆に人の身体を蝕む、有害なミネラルもあります。


昔からよく使われる毒薬として、水銀とヒ素があります。


このうち、ヒ素中毒に関しては森永ヒ素ミルク事件"や宮崎県の旧土呂久鉱山ヒ素中毒事件"などが有名です。


最近の例では、茨城県の神栖町の旧日本軍の毒ガス兵器に由来すると見られる高濃度の有機ヒ素化合物問題、また国外においてもインド東部の西ベンガル州、それに隣接するバングラデシュ西部地域での地下水のヒ素汚染が問題になっています。


これらの被害は人為的にもたらされたものと自然現象によるものとがあります。


一方、水銀は水銀中毒としては熊本県南部の水俣病. (みなまた病)や新潟県阿賀野川流域での第二水俣病.などが有名です。


お水銀は体温計などにも使われている身近なミネラルですが、これは一般に、蒸発しやすく、人間の肺に容易に吸入されます。


また、有機物と結合した水銀は有機水銀として脂肪に溶けやすく、脳の中に混入します。


このため、有機水銀による言語障害、手足のしびれなどの神経障害を引き起こします。


有機水銀は以前、マーキュロ、防腐剤、農薬として多用されてきましたが、現在では使われていません。


このほか.イタイイタイ病.のカドミウムや神経や造血機能を侵す鉛(Pb)中毒などもあります。


鉛は神経や造血作用を侵します。


また、ミネラルは健康維持に必要ですが、沢山摂ればよいのかというと、そうではなく、どのようなミネラルにも必ず適量というものがあります。


これはカロリーを有するタンパク質や脂質、炭水化物の三大栄養素にも言えることです。


つまり食べすぎは肥満や、あらゆる成人病の引き金となります。


これと同じようにミネラルの過剰摂取は健康を蝕み、場合 によっては死ぬ事すらあります。


何事もそうであるように、多すぎても少なすぎても、からだにはよくないのです。


要するに過ぎたるは及ぼざるがごとし"ということです。


身体に有害なミネラル

ヒ素、水銀(有機水銀)、カドミウム、タリウム、鉛など


体に有害なミネラル