ウエアーのお話あれこれ
浴衣の記事

夏の着物

浴衣

ゆかたびら
最近、花火・縁日・盆踊りなどの夏の行事がある度に浴衣姿の人を良く見受けられます。
しかし、夏行事に浴衣をわざわざ着て行く以外に、習慣として和服を着る機会が少なくなっている現在、浴衣の着る機会の多い若い女性を中心に、浴衣は略装であるという感覚も失われつつあるみたいですね。

浴衣(ゆかた)は和服の一種で肌の上に着る略装であり、平安時代の湯帷子(ゆかたびら)がその原型とされているらしいです。
湯帷子は、平安中期に成立した倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)によると、内衣布で沐浴するための衣とされて、この時代、複数の人と入浴する機会があったため、汗取りと裸を隠す目的で使用されたのが始まりらしいです。
素材は、水に強く水切れの良い麻が使われていたという説があるそうですよ。

着用の場合には、本来は素肌の上に直接着るものとされており、近年では下着を着用することが多くりましたが、それでも和装用スリップや肌襦袢程度であり、生地が薄く、開放的で風通しがよいことから、もっぱら夏場や湯上り、あるいは寝巻きとしての用途が主なようです。  でも女性の浴衣姿は、なんとなく色気を感じますよね。

日本独特の風習として、旅館やホテルに寝巻きとして客用の浴衣が用意してある場合が多く、最近ではホテル等でも寝巻きとしてでは無く、散策用としても用意されていると所もあるようです。
また、男子は三尺帯、女子は半幅帯で着るのが古風ですが、明治以降兵児帯(へこおび)が流行したこともあって、これを用いることもあります。
さらに最近では男子は角帯を用いることも多く、角帯は元来浴衣には合わせないものとされていましたが、この意識は薄れつつあるようですね。
事実、浴衣と角帯のセットで販売されることも最近では珍しくありません。
ちなみに関取か否かを問わず、現役力士は浴衣が正装であり、浴衣を着ずに外出してはならない規定があるそうです。







ヒートテック








AI-JKD
RSS