毎朝通る道に、理髪店 (床屋さん)があるんです。


理髪店って、クルクル回る青と赤の目印になっている看板がありますよね。

あれは、動脈血の「赤」、静脈血の「青」、包帯の「白」って聞いたことが有るのですが、 何故理髪店にあるのか、知ってますか???

「三色ねじり棒」理髪店のクルクル の由来:
ヨーロッパ12世紀頃には、外科医を兼ねた理髪師さんがおり、当時教会の僧侶は、大昔の使徒にあやかって、顎髭をボウボウに生やしており、余りにも見苦しい為、1092年ローマ法王が、「僧侶は髭を綺麗に剃ること」と法令を出し、僧院や教会で理髪師を雇って髭を剃ったそうです。

当時の僧院では、僧侶に医者を兼ねた人が多くいて、外科の手術も行っていましたが、1163年「教会は流血を忌む」と言う趣旨の法令が出て、外科手術を教会外で、医学僧から教育を受けた理容師が行う様になりました。

それ以後、理容師の親方が弟子に伝え、オデキの膿の切開、脱臼、骨折治療、手足の切断、抜歯、蛭を用いた高血圧の治療等を行っていたそうです。

大学で教育を受けた医者は、「長服の外科医」と呼ばれ、理容師は「短服の外科医」と呼ばれ区別されていました。

その後、「長服の外科医」が増え、理容師さんは散髪だけをやる様になりました。

パリの外科医メヤーナキールは、「長服の外科医」で、彼の考案した「三色ねじり棒」が理容師の「短服の外科医」にも広まり、外科を止めた後も、理容師の看板で「三色ねじり棒」は残り、現在でも床屋さんの看板として使用されているのだそうです。

ちなみに床屋という呼び名は、江戸時代の理髪店を、『髪結い床』と呼んだことに由来するそうです。



T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://news.realone.biz/yuki/tb.cgi/152

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー