風邪に負けない冬の過ごし方


随分寒くなって来ましたが、風邪に負けないように、体に良い栄養素を取りましょう!

ビタミンC
白血球の働きを活性化させ、体の免疫力や抵抗力を高める効果があります。

風邪対策には、うってつけの栄養素です。

ビタミンCは、加熱調理によって壊れやすいので、生でそのまま食べられる果物がおすすめ!

イチゴ・カンキツ類・ホウレン草・ブロッコリー・長ネギ等

ビタミンE
免疫力をアップさせる栄養素です。

万病の元ともいわれる活性酸素を減らし、強い体を作ります。
血行を促進し、体を温める効果も期待できます。

ビタミンEは、黒大豆をはじめとする大豆類は、色々な調理法がありますが、煮汁が風邪に良く効くとされるため、煮しめや煮豆にするのがおすすめ!

黒大豆・大豆・かぼちゃ・ミズナ・ブロッコリー・サツマイモ等


βーカロテン
体内でビタミンAに変わります。

不足すると鼻やのどの粘膜ご乾燥し、風邪のウィルスが侵入しやすくなります。

βーカロテンは、ニンジン・カボチャの皮に多く含まれるので、食べる時は皮ごと調理しましょう。

ニンジン・カボチャ・ニラ・ホウレン草・小松菜・長ネギ(葉)等


炭水化物
体を動かすエネルギー源となる栄養素です。

動物は体内で炭水化物を作ることが出来ないので、食べ物から摂取しなければなりません。

風邪をひいて、胃腸の調子が悪い時、おかゆや雑炊、うどんなどの消化の良い方法で炭水化物を摂取しましょう。

薄味を心掛けるとともに、卵や梅干し、ニラなどを加えると、おいしさと栄養価もアップします。

米類・麦類・ジャガイモ・サツマイモ等


ミネラル・食物繊維
体の機能を維持、調節するために必要です。

ミネラル・食物繊維を取ることで、風邪だけでなく便秘の改善・生活習慣病の改善などを、させる効果が期待できます。

ミネラル・食物繊維は中国古来では、ハクサイ・ダイコン・豆腐を合わせて「養正三宝」と呼ばれ、活用されてきました。

煮たハクサイには、余分な熱を冷やす作用があるとされています。
ハクサイ・キノコ類・ブロッコリー・ゴボウ・レンコン・ダイコン等

旬の食材は栄養満点です。

野菜をたっぷり使った鍋物やみそ汁を食べて、この冬を元気に過ごしましょうね。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://news.realone.biz/yuki/tb.cgi/50

C O M M E N T


Name :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


   プレビュー